防水工事

■ 適材適所の防水工事で雨水や生活排水をシャットアウト


防水工事のポイントは、施工箇所に合わせた最適な工法を選ぶこと。
たとえば人が出入りするベランダであれば、歩行の安全性や、環境対策を考慮した工法が最適。
一方、常時風雨にさらされる屋上であれば、優れた耐久性や水密性が望まれます。

当社では防水の効果はもちろん、建物を使うお客様の快適性も考えて、施工法をご提案。
工事が簡単で環境にも優しいウレタン防水、重歩行にも強く耐久性の高いFRP防水など、人気の工法で満足いく仕上がりを実現します。

 

■主な防水工事の種類


●ウレタン塗膜防水
特殊な塗料を塗ることで防水膜を作る、比較的お手軽な工事法です。
複雑な場所にも簡単に施工でき、様々な場所で使用されています。
▼耐久年数:12年前後
▼ おすすめ施工箇所:すべて
▼ ウレタン防水工事の長所
・防水層が軽量なので、建物に負担をかけない
・継ぎ目のない美しい仕上がり
・複雑な形状の場所にも施工可能
・ほとんどの防水層の種類を選ばず、環境にも優しい

●FRP防水
FRPとは「補強プラスチック」のこと。
軽量かつ強度、耐水性に優れており、コストは高めですが確かな防水層が確立できます。
▼耐久年数:10年前後
▼おすすめ施工箇所:ベランダ
▼FRP防水工事の長所:
・固まるのが早いため、短工期で施工できる
・継ぎ目のない美しい仕上がり
・強度、軽さ、耐水性、耐熱性、耐久性に優れている
・トップコートのバリエーションが豊富
・重歩行や車両の走行も可能

一覧ページに戻る