コーキング工事

■コーキング工事とは?


外壁材同士のつなぎ目や、サッシなどの建具とコンクリートの接合部分など、建物にはその構造上、必ず隙間が生じるもの。
その隙間を埋める詰め物が、”コーキング材”です。

コーキング材は弾力性に富み、防水性バツグン。
建物の揺れを吸収したり、建物内部に侵入しようとする水をブロックする役目を担っています。

経年劣化によるコーキング材の硬化やひび割れは、放っておくと雨漏りの原因になりかねません。
増し打ちや打ち替え工事を行い、元々備わっていた性能を取り戻す事が、建物の延命につながります。
 

■目地材にこんな症状を見つけたらキケンです!


・ひび割れ・切れ
・痩せ
・硬化
・剥がれ
▲雨漏りを防ぐためにも、10年に一度を目安に、コーキング打ち替え工事を行いましょう!
 

■サイディングのコーキング打ちかえの手順


【1】:カッターで切りこみを入れる
コーキング材の両面に切りこみを入れ、サイディングとの縁を切り離します。

【2】:既存のコーキング材の撤去
コーキング材を剥がし、小口部にも残らないよう、再度カッターでよく削り落とします。

【3】:マスキングテープによる養生
目地周辺のサイディングが汚れないよう、マスキングテープを貼って養生を行います。
テープによれや浮きがあると、仕上がりが汚くなってしまうため、慎重な作業が必要です。

【4】:プライマーの塗布
プライマーは、コーキング材と外壁材の縁切れを防ぐ、接着剤の働きをします。
この工程を省くと、施工後すぐにコーキング材の剥離やひび割れが起こってしまうため、欠かせない工程です。

【5】:バックアップ材の挿入、又はボンドブレーカーの貼り付け
パックアップ材は、目地の深さを調節したり、コーキング材を目地底で支える役目をしています。
ボンドブレーカーは、目地底にコーキング材がひっついてしまうのを防ぐ特殊テープのこと。
現場の状況に合わせ、最適な工法を選びます。

【6】:コーキング材の充填
専用の用具を使用して、目地にコーキング材を充填します。
気泡が入ったり、隙間ができないように充填後はヘラを使用し、両側のサイディングにしっかり圧着するよう、ヘラで抑え込みます。

【7】:完成
養生用のマスキングテープを剥がして、工事完了です。

一覧ページに戻る